いろいろな薬にジェネリックが存在しているのは多くの人が周知の事実ではないでしょうか。

 

ジェネリックは、後発医薬品で効果効能や成分まで既存の特許医薬品と同じとされるもので、
値段的にも特許医薬品と比べると安いということが特徴です。

 

日本においても、高齢化社会が進む中で医療費や薬価代金を安くするということは重要な点とされており、政府としてもジェネリックの活用を推進しているという部分もあります。

 

そうしたジェネリックですが、プロペシアにもジェネリックは存在しています。

 

ついこの間までは、世界で流通しているプロペシアのジェネリックは、
特許をとっていなかったインド製のもののみの、ジェネリックとして販売されていました。

 

個人輸入で購入できるプロペシアのジェネリックはすべてこうしたインド製のものとなります。

 

ところが、昨年、日本でもジェネリックが製造・販売が開始されました。
それはファイザー株式会社が販売を開始したファイザーという商品となります。

 

国産初のプロペシアのジェネリックということになります。

 

ファイザーは個人輸入では手に入りません。
全てにおいて医師の処方のもとに手渡されるものとなっています。
価格的にはまだ販売が開始されて日が浅く、取り扱いが日本国内のみということから臨床例も少なく販売数も限られているために、さすがジェネリックというほどの安価な価格にはなっていないというのも事実です。

 

ただ、長い目で見ると安くなってくるでしょうし、
何と言っても国産というだけで安心感が違うような気がします。