薄毛になるというのは全てがAGAであるとは限りません。
他のことが原因で薄毛になっている可能性もあるのです。

 

プロペシアはAGAの治療薬です。

 

ですから、AGAでない薄毛の人はいくら使用しても効果は出てこないということになるのです。
これは女性に対しても同じことが言えます。
薄毛になるのは何も男性だけと限ったわけではありません(FAGA)。

 

女性であっても髪の毛のボリュームがなくなって薄毛に悩んでいるという人が多いのです。
だったら、薄毛に効くというプロペシアを利用したら良いのではと単純に思ってしまいがちですが、
あくまでもAGAに対しての治療薬なので女性にはまったく効果がないと思っておいたほうが良いでしょう。

 

それどころか深刻な副作用もあるので特に女性は気をつけたほうが良いでしょう。

 

女性が妊娠しているというときはかなり注意が必要となります。
プロペシアは胎児に奇形を発生させるリスクがあると報告されているのです。
ですから、妊婦は間違っても使用してはいけませんし、触るということも控えましょう。

 

プロペシアは触るだけもその成分が体の内部に浸透していくと言われているのです。
非常に怖い副作用だということが言えます。
こうしたことはAGA治療を医療機関で行っていれば必ず医師から説明や注意があるはずです。

 

個人輸入サイトなどから購入するとこうした情報は全く耳に入ってこない可能性もあるのです。

 

だとしたら非常に怖い結末を迎える可能性もあるということになるのです。
やはり、プロペシアは医師の処方が必要な薬だと言えるのです。