AGA治療に使用されるプロペシアですが、その有効成分とは一体何なのでしょうか。

 

脱毛や薄毛は男性ホルモンの影響が大きいと言われています。
そのため脱毛や薄毛になることを防ごうと思うのであれば、
男性ホルモンの働きを調整するということが大きな意味を持ってくることになります。

 

その男性ホルモンの働きを抑制する働きを持つのがプロペシアということになるのです。

 

プロペシアの有効成分はフィナステリドという成分となり、
男性ホルモンであるテストステロンを、脱毛の原因となるホルモンのジヒドロテストステロンに変化される酵素が作られるのを防ぐという働きが認められているのです。

 

このフィナステリドという成分が脱毛や薄毛になるのを防いでくれているということになるのです。

 

ただし、フィナステリドは女性には有効ではなく男性のみに有効とされています。
フィナステリドが有効成分であるプロペシアは、
いくつかの副作用や使用しない方が良い人などもいますので、万人に有効な治療薬というわけではなく、
あくまでもAGAに対して有効な治療薬だということが言えます。

 

脱毛や薄毛の原因は全てにおいてAGAのみが原因であるとは限りません。

 

生活習慣や食生活にストレスも微妙に関係していることも知られています。
髪の毛の悩みで日々悶々としている人は、
まずは偏った食事や喫煙、過度の飲酒や強烈なストレス状態といったものから見直していくということも非常に重要となってくるのです。

 

プロペシアに頼るとしても、これらのことは平行して気にかけていたいものです。