薄毛に悩む人なら知らない人はいないだろうと言われるほどになったプロペシアですが、
プロペシアとは男性型脱毛症であるAGAに有効な治療薬で、
日本ではおよそ10年ほど前から承認され医師の処方箋のもと使用が認められるようになってきました。

 

AGAは男性ホルモンの影響により起こると考えられています。
そのため、このプロペシアも抗アンドロゲン薬の一つで、
男性ホルモンの働きを抑える効果があるものとなります。
薄毛に対しての治療薬としては画期的とも言える飲むタイプの治療薬となっています。

 

一日に飲む量は、基本的には一錠と決められています。
おおよそ一日あたり一錠1mgを上限として服用が認められているのです。

 

プロペシアは一度飲んだからといっていきなり薄くなった毛が濃くなるというものではありません。
一気に発毛してくるというわけではないのです。

 

ベースとしては半年を目安として服用するということが多く、
多くの人が半年程度で効果を実感する人が多いようなのです。

 

ただし、これも人によって個人差があり早い人は3ヶ月程度でも効果を体感している人もいますし、
1年以上かかって実感できるという人もいるのです。

 

また、プロペシア単独でAGA治療を行うのではなく、
他の発毛に効果があると言われている育毛物質などを平行して、
頭部に塗るなどという方法を実践している医療機関も有ります。

 

その方がより効果が期待できるというデーターなども出揃っていることもあるようです。

 

いずれにしてもAGAで悩む人には心強い味方であることには間違いがありません。