最近、AGAという言葉をよく聞くことがあります。

 

テレビのCMなどでも流れていることもあるので耳にしたことがある人も多いことでしょう。

 

AGAとは男性型脱毛症のことです。
世の中の男性には髪の毛が薄くなって悩んでいる人というのは多いものです。
人知れず発毛剤や育毛剤を使用しているという人も結構いるものです。

 

特に若い人で薄毛になってしまうと悩みも格段に深いものとなってしまう人もいるようです。
そうした薄毛の人の多くはAGAだと言われています。

 

AGAは、思春期よりも後に頭頂部や額の髪の毛の生え際が薄くなってくるという進行を見せます。
これは、人により違いが有り、頭頂部が中心に薄くなる人もいれば、生え際を中心に薄くなっていく人もいて、どちらも同時に薄くなっていくという人も存在しています。

 

AGAの原因は、男性ホルモンの影響が大きいと考えられているのですが、遺伝が大きく関与していることも考えられています。

 

主に、育毛剤や発毛剤で対処して毛を増やそうと思う人が多いのですが、
最近は飲むタイプの育毛剤ということでプロペシアが非常に注目を浴びています。

 

AGAも医師による治療が可能となってきており、今やAGAも病院で治す時代になっていると言えるのですが、プロペシアは個人輸入もされており処方箋がなくても手に入れることも可能です。

 

しかし、プロペシアを服用するのなら医師の指示の下に手に入れるようにした方が安全で確実でしょう。

 

抜け毛は病院でしっかり診てもらい、日常生活などの対策も教えてもらった上で、正しい飲み方や副作用などをしっかりと説明を受けてプロペシアも利用したいものです。